AnfurigのワイヤレスBluetoothスピーカーはお手頃で高級感のあるスピーカーでした

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自宅で使えるスピーカーを探したら安いのがあった

自宅ではAmazonPrimeMusicを使用して音楽を聞いていますが、MacbookProやiMacから音楽を流すだけではなくて、家の色々な場所からスピーカーをつけて音楽を流したいなと思い、Bluetoothのスピーカーを探していました。

ただAnkerの製品などは結構いい値段がするので、中華製でもいいから安いものがないかなと探していたところ、ちょっと良いものを見つけたので、今回はその商品についてご紹介とレビューをしたいと思います。

商品はAnfurigというメーカーのWIRELESS SPEAKERです。

外観について

anfurig001

ケース、梱包などはしっかりとしており、製品に対して安心感がもてますね。製品自体もしっかりしていると思われます。

anfurig002

梱包物はスピーカーが2つと充電のためのUSBケーブルです。

anfurig002

材質はマットな質感の黒で高級感のあるボディーは部屋のインテリアとしても映えます。

家の中で使用するには良いと思います。理由は材質と重さです。きになるのは材質のせいで傷がつきやすそうな気がします。

また重いのでアウトドアなどで使用するにはちょっと機動力がないかもしれません。

曲送りはプラスとマイナスのボタン。音量の大小もプライスとマイナスのボタンで長押しです。

本体の音量がどうなっているかを見ることはディスプレイが無いのでわからないです。なので、iPhone側で細かい音量は調整して置くほうがよいと思う。

アウトドアで使えるか

anfurig006

アウトドアで使えるスピーカーの特徴に防水がありますが、本機には防水の仕組みはありません。

またストラップなどがついていると、カラビナを使って吊るしたりすることができるのですが、本機にはそういったストラップ穴はありません。

アウトドアの使用としては全く考慮していない作りになっているようですので、そういった意味でもキャンプなどで使用するというのはやめておいたほうが良いと思います。

晴れていれば良いんじゃないの?という方もいると思うが、キャンプ場が朝になると朝露が発生して結露することが多いです。

そのときに本機を外に出しておいたせいで結露にやられて本機が壊れてしまったということになると、やっかいです。もしかしたら壊れてしまうかもしれないのであまり外に出して使用するということはやめて置いた方がいいかもしれませんね。

On/Offの際には本体からキュイーンという音が出るので電源が入ったかどうかの確認ができるのは良いですね。機器の中には無音でOn/Offされるものもあって本当に起動しているのかわからないこともあるので、ちょっとしたことですが助かります。

自宅に置いてみました

anfurig005

家の中に置いたとしても十分バランスが取れて、違和感がありません。大きくないので一人暮らしの家でも場所を取らないのは良いかもしれませんね。

anfurig008

テレビの前にも置いてみたが、基本テレビは黒なので違和感はありません。というかテレビが大きいのでスピーカーが余計に小さく見えてしまいます。

anfurig007

リビングの棚の上に置いてみましたが、娘の写真立ての前に置いてもスピーカーのせいで写真立てが見えなくなるということもありません。コンパクトなおかげでリビングのいたるところに置くことができます。

anfurig009

キッチンのカウンターにも置いてみましたが、これはこれで良いと思います。これならば妻が炊事をするときに音楽を聞きながら炊事をするということもサポートしてくれますね。

自宅のカウンターにも置いてみましたが、違和感ゼロです。

説明書やサポートについて

聞き慣れないメーカーであるが説明書はきちんと日本語で書かれており、英語や中国語のみの説明書ではないところは安心できます。

サポートについてはメールでしか問い合わせができないようです。可能性としてメールをすると英語で返ってくる可能性がありメールでのサポートしか受けることが出来ないかもしれないのが不安だなと思いました。

まとめとして自宅用のスピーカーとしてはOK

結論としては、自宅に置くためのスピーカーとしてはいいものだと思います。あとは壊れてしまったり調子が悪くなってしまったりした時にどれくらいのサポートができるのかという感じでしょうか。英語でのサポートが受けれるのであればおすすめだと思います。

僕としてはおすすめのスピーカーですね。ただ、アウトドア向けではないのでキャンプにも持っていきたいという方にはちょっと不向きかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました