超うまい神戸屋の100周年サンミーを買ったら懐かしくてうまかった

中学校の頃は、昼ごはんはパンを食べたりしていました。お弁当を親が作れない日などは、通学路の途中にある今で言うコンビニエンスストアのようなお店でパンを買っていました。

そのときにとても大好きで毎日のように食べていたのが、神戸屋さんんのサンミーというパンでした。

実は今神戸屋は100周年記念の特別なサンミーを販売しているんです。しかもコンビニエンスストアのローソンで。今回は久しぶりにそのサンミーを買って食べてみたんですが、昔の思い出が浮かんできて、とても美味しかったので、今回はこのサンミーをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サンミー チョコクリームもいれましてん。

sanmi_choco_001

今回購入したのは、神戸屋のサンミー チョコクリームも入れましてん。です。

普通のサンミーは生地の中にクリームが入っていて、外側がビスケットになっていてチョコレートがかかっているものです。

このサンミー1つで、490キロカロリーもするんですね。びっくりです。でも当時は中学校で食べ盛り。カロリーが490超えていても全く問題ナッシングでした。今の僕ではお菓子としてはかなりの高カロリー食品ですが。

で、今回のサンミーは、中に入っているクリームがチョコクリームということで、カロリーも美味しさも超アップです。

パッケージも、昔のサンミーはオレンジ色がキーカラーになっていましたが、今回のチョコクリーム入りのサンミーは、濃いブルーがキーカラーになっています。

当時食べていた人間は今ではすっかり大人ですから、これくらいシックな色のほうがいいんでしょう。

sanmi_choco_002

裏面はカロリーや原料なんかが書いています。

先程、通常のサンミーは490キロカロリーでしたが、100周年のチョコクリームも入れましてんは565キロカロリーと10%以上もカロリーが増しています。カロリーが増しているのは、中に入っているチョコクリームのおかげでしょう。

原材料を見ても、体に良さそうな成分が目白押しですね。甘くて美味しい成分が存分にはいっていそうです。

製造は神戸屋ですので、お客様センターは神戸屋ですね。当たり前です。

袋を開けて中身を確認

sanmi_choco_003

早速中身を見るために袋を開けました。外観はサンミーです。懐かしいです。中学校の頃に食べたあの形です。

この外観を見ると、なんか懐かしくなりますね。あの中学校の頃食べたサンミーそのままです。

サンミーを割って中身を確認

このサンミーが100週年記念のサンミーであるかどうかは中身がチョコクリームか、普通のクリームかどうかしかないので、早速割って中身を確認します。

sanmi_choco_004

やっぱりチョコクリームでした。これは100周年記年のサンミーです。

割った中身がちょクリームというのはちょっと違和感があります。昔食べたサンミーとは違いますからね。でも、美味しそうです。

食べか感想はうまい、サンミーに輪をかけてうまい

チョコレートクリームが中に入っているわけですから、まずいわけがありません。通常のクリームよりもうまいです。

なんで最初のサンミーからチョコレートクリームを入れなかったのでしょうか、悔みはしませんが、ちょっとさみしいです。

外側のチョコレートと中のチョコレートクリームが一緒になって口の中でチョコレートだぁと主張してくれます。

複数の層になっている生地もサクッ、ふわっとしていて食べていて楽しいですね。

あととても食べごたえがあるのがいいですね。1つ食べたら昼ごはんとしても十分かもしれません。中学校の頃は、サンミーだけを食べても、まだまだ食べれていたのにです。年令を重ねるってこういうときに感じるんですね。今まで美味しく食べれていたものがちょっとしつこくなってしまったり、量が食べれなくなってしまうとか。はぁ、年は取りたくないものです。

神戸屋さんずっとサンミーは続けてね

今でもサンミーは神戸屋から販売しているそうですが、関西限定なんですね。知りませんでした。関東の方はこれを知らないようです。

100周年のサンミーは期間限定でしょうが、定番サンミーはずっと続けて売っていただいてほしいですね。自分の子供にもぜひ食べてもらいたい菓子パンですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました