サバ6製麺所 お初天神店はサバ節の香ばしさと中太麺で揚げ玉の旨味バッチリ

最近魚の節でとった出汁の旨さがハンパないことにやっと気がつきました。

なので、自宅で味噌汁の出汁を取る時でも鰹節は必ず使うようにし、カツオの旨味を堪能しています。

大好きなラーメンでもその傾向は強く、鶏よりも魚介系のスープに食指が行くようになりました。

ということで、今回は魚介スープの中でも鯖節を使ったスープで有名なサバ6製麺所 お初天神店に行ってきました。

結論としてはサバ臭くないが、旨味たっぷりのスープが絶品の美味しいラーメンでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お初天神奥にあります。

阪急梅田駅が最寄の駅ではありますが、お初天神の梅田側の入り口から入るとしばらく歩かないとお店にはつきません。ちょっと距離があります。

またお店は雑居ビルの1階になり、看板があまり大きく掲示されていないので、つい見落としてしまいそうになります。

ただ、お店のマークはいい感じです。シンプルです。数字の6の丸の中に鯖という漢字がはいるのですかわ、鯖の字が6の丸の中に綺麗に収まるような形になっています。

saba6_001

デザインを勉強している訳ではありませんが、最近自分のブログのマークを作った人間としては気になってしまいます。勉強になりました。

店内は綺麗です

saba6_003

店内は木のカウンターで明るい店内です。食券形式の購入方法です。この方がお金の管理も簡単ですし、人件費も抑えることができるのでしょうね。

カウンターの中も綺麗にされていました。メニューを見ていると天津飯なんかもありました。そこまでできるほど大きな厨房でもなさそうなんで、繁忙の時間帯は大変かもしれませんね。

saba6_004

調味料の種類ですが、そんなにありませんでした。

これは僕の個人的な感想ですが、ラーメン屋に調味料ってあんまりいらなくないですか?

胡椒なんてラーメンにかけたらラーメン本来の味がわかんなくなってしまいませんか?

胡椒をかけたほうが美味しいならば最初からかけてしまえばいいんです。でもかけないということはかけなくても美味しいってことでしょ。じゃあ胡椒をなんて置かなくても良いじゃないかと。

個人的な見解です。軽く無視してください。

早速ラーメン実食

それでは実食に移ります。

saba6_005

醤油ラーメンですが、少し色が黒いですね。京都の第一旭よりも黒くはないですね。

最近はやっているレアチャーシューがいいですね。僕はタレの色がたっぷりのチャーシューはくどくてあまり好きではありません。年をとるとどんどんその傾向が強くなってしまっているように思います。

その点レアチャーシューはタレの旨味というよりもチャーシュー自体の旨味がしっかりしていて、かつあっさりしているのでとても食べやすいと思います。

このタイプのチャーシューはスープとうまく絡んでくれますので、ラーメンとチャーシューが一体になっているなと思えます。そういった意味でもうまいチャーシューだと思います。

あとラーメン屋で気になるのはネギでしょうか。

店によってはネギが切られてから時間が経っているせいか、苦味が強くなっているものがありますが、あれはあんまりいただけませんね。

ラーメン横綱のようにカウンターやテーブルに置いている追加のネギならばいいのですが、ラーメンに入っているネギが苦いのはいただけませんね。

ここのネギはそんなことはありませんでしたよ。美味しいおネギでした。

saba6_006

麺は中太ストレート麺です。スープとの絡みはまあまあです。縮れ麺はスープとの絡みがいいとは思いますが、ストレート麺でも絡みはいいんですね。ちょっと感動しました。

やっぱりいただくと鯖の良い香りと旨味が口に広がりますね。化学調味料の刺激はあまり感じませんが、おそらく入っているんでしょう。今はあまり無化調というキーワードは聞きませんが、別に化学調味料が入っていてもいいと思いますよ。美味しければ。

ラーメン全体としてもとてもバランスが良く、昔流行った魚介系のつけ麺のようにこってりとはしていません。そういった意味でも食べやすいラーメンだと思います。40手前のおじさんにも優しいラーメンです。

鯖節ラーメンいいんじゃない

鯖節なんていう、ちょっと変わった出汁につられて、試しに食べてみましたが、奇をてらったラーメンではなく王道的な醤油ラーメンでした。

saba6_007

機会があればまた食べに行きたいです。ただ、少し遠いかな。もう少し近所にできてくれると嬉しいのですが、なかなかないでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました