東京でラーメンやっぱり京都のほうがうまいんじゃない、って思っちゃった舎鈴東京サンケイビル店のつけ麺

久しぶりに東京に出張に行った際にやっぱり東京のラーメンを食べて、京都のラーメンなんか大したことがない、さすが花の都大東京のラーメンだというところを見たいなと思い、東京大手町のラーメン屋を調査。 その中で、まぁまぁの評価だったラーメン屋である、舎鈴 東京サンケイビル店へ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

つけ麺はシンプルなたたずまい

早速つけ麺を注文。僕は特性つけ麺の並を注文しました。大を食べられないこともないのですが、どうしてもつけ麺を食べると、スープが途中で冷めてしまって味がきつくなる感じがしてしまいます。重たくなるという言い方をしたほうが良いかもしれません。 なので、つけ麺は並、麺の量も300gまでと決めています。それくらいがちょうどよいのではないでしょうか。 特に、変わった感じはありません。麺と具は一緒に、スープの中にはネギが入っています。時々スープの中にチャーシューが入っていて、麺にチャーシューがないのでびっくりするつけ麺もあったりしますが、ここのつけ麺はそうではありません。

麺は太麺ストレート

麺は太麺のストレート麺です。麺の色はつけ麺特有の少し茶色がかっています。小麦のせいなんでしょうね。つぶつぶはありませんでした。 太麺って、きれいですよね。光り輝いています。細い麺だとこのテカリというか輝きはあまり見えませんからね。そういう意味でうどんとかの輝き具合がとても好きです。太麺もうどんと同様にテカリが素晴らしいので大好きです。

しなちくは定番

しなちくについては特に変わりのないよくあるものです。 歯ごたえのよいチャーシューはラーメンを食べる上での良い、箸休めに成ると思います。シナチクをラーメンに入れた人すごい。

チャーシューは豚ロースであっさりシンプル

チャーシューは僕の大好きな豚ロースです。バラは脂分が多すぎてちょっと苦手ですが、脂身の少ないロース系のチャーシューならば、いくらでも食べることができます。(言い過ぎですが。) チャーシューつけ麺ではないので、たくさんチャーシューが入っていないのは仕方ないですが、欲を言うならばもう少し入っていると嬉しいですね。それくらい美味しいチャーシューです。

スープにはネギ、良いね

熱々のスープの中にネギが入っています。 ネギは火が通っているために甘いです。ネギが苦いのは嫌ですね。たまに切って時間の経ったネギが出てくるラーメン屋さんがありますが、仕方ないにしてもちょっと残念な気持ちになってしまいます。そう言う意味ではこのつけ麺のネギは好印象です。

味はこってりしているけど全部いけちゃう

やはりつけ麺ですので濃厚なスープが太麺に絡みしっかりとスープの味を感じることができます。 濃厚なスープを常に味わい続けるので、スープが美味しくなかったり、ただしつこいだけだと、食べていて飽きてしまったりするのですが、さすがその辺は名店だけありますね。 食べ続けていてもなかなか飽きがこない。旨さを実感し続けてくれます。 後は並を注文しているので、スープが冷めることはありません。熱々のままで食べることはできませんが、冷めきってしまってこってりとしたスープを飲むということはありませんので、美味しく食べることができます。

得点は70点。もう少し頑張ったほうが良いと思います。

確かに決して美味しくないつけ麺ではなかったのですが、これで有名つけ麺?と思ってしまう味。 決して美味しくなかったのですが、美味しいわけでもない。特徴がめちゃくちゃあるようなものではない。という印象の味でした。 なので得点はちょっと渋めの70点です。もっと美味しいラーメン屋がこの東京砂漠の中にあると信じて今回は、ちょっと厳し目の点数をつけました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました