麺屋たけ井は安定感抜群のつけ麺で阪急梅田で手軽に食べれる駅飯です

阪急梅田駅には仕事柄よく行くのですが、小腹が減ったり、昼ごはんを逃してしまったりすると、移動途中でこのお店にいきます。

ということで、今回は阪急梅田駅の構内にある麺屋たけ井阪急梅田店に行き、つけ麺を頂いて帰りました。

さすが、つけ麺の有名店です。安定感抜群のつけ麺をいただくことができました。今回は、麺屋たけ井のつけ麺のご紹介です。

いろんなグルメサイトでも掲載されている店ですので、同じようなことを書いているかもしれませんが、改めて素晴らしさについて語りたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

阪急梅田駅の中にある本格ラーメン屋

麺屋たけ井は僕が知っているのは城陽市のある本店と、八幡市の国道1号線沿いにあるお店と今回ご紹介する阪急梅田駅にある3つの店舗です。城陽市にある本店には行ったことはありませんが、時々前を通ります。一度でいいから行ってみたいんですけどね。なかなかいけません。

今回の梅田駅にあるたけ井は梅田駅の改札口の中にあります。なので、当たり前の話ですが改札を出ちゃうといけませんので、阪急電車の梅田駅で電車に乗る前、または乗ったあとに行ってください。

梅田駅は結構ややこしいです。3階にも改札口はありますが、2階の改札口になりますので間違えないように。一度3階の改札口に入ってしまうと2階の改札口に行くのは結構骨が折れますので。

ラーメンのお姿を拝見

注文したのは、つけ麺の並です。どうも最近はつけ麺は大を食べるとその日の晩御飯にまで影響が出てしまうので、できるだけ並で抑えるようにしてます。

でも、並でも300gくらいの麺の量ですから結構な量ですね。

美味しそうなつけ麺がやってきました。

パットした見た目は、豚のチャーシューがとても目に付きます。きれいな色のチャーシューがとても食欲を誘いますね。

琥珀色のチャーシュー

チャーシューは豚ラバです。でも脂っこすぎないですし、味も濃くないので、そのまま食べてもスープに付けて食べても美味しく食べることができます。この豚バラはうまいっす。これならばチャーシュー麺を頼んでもいいくらいです。

麺はシンプルなストレート麺

太いストレート麺ですね。特に特徴のあるめんではありません。定番のつけ麺の麺だと思います。

テカリ具合は良いですね。何回でもいいますが、つけ麺の麺ってなんでこんなにきれいなんでしょう。まるで宝石のようですね。

スープは魚粉たっぷりネギたっぷり

魚粉のたっぷりはいったスープは、香ばしさを引き立ててくれますし、中のネギは、こってりとしてスープのちょっとした箸休めになってくれます。

スープ自体は、とても麺と絡みやすくなっているドロッとしたタイプですが、あまり味がきついというわけでもなく、水がなくても十分食べ続けることができるスープです。こういう廃案するところって難しいんでしょうね。

中にもチャーシュー、ありがとうございます。

どのつけ麺でも当たり前かもしれませんが、スープの中にもチャーシューが入ってくれています。これは本当にありがたいというか嬉しいです。

実食

感想としては定番のつけ麺ですので、何が変わっているということはありませんでしたが、定番が故になかなか感動しづらいところを、作りての心意気なんでしょうか。定番だからこそ手を抜かず丁寧に作っているのではないかなと思ってしまうような味でした。

食べても飽きが来ないというのはつけ麺にとってはとても大事なことだと思います。それをキチンクリアしているという意味では、とても好感の持てるつけ麺でした。

得点は85点。定番だからこその高得点

安定的な定番のラーメンですので、満点といった点数はなかなかつけにくいかなと。

ただ、安定して美味しい味をずっと提供するというのは並大抵のことではないでしょうし、そういった店側の努力を考えるならば得点は高いのではないでしょうか。

ただ、めちゃめちゃ僕の嗜好にあったラーメンかと言われるとそういうわけではないので、マイナスしてしまっている15点は僕の嗜好によるものです。決してたけ井さんの問題ではありません。

つけ麺大好きな方にはオススメのお店ですので、是非行かれることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました