なんで過払金の請求のCMが多いの?その理由が分かった

僕はよくFMを聞くのですが、以前から過払金請求という言葉をよく聞きます。

あまりにもたくさん同じようなCMが流れてくるので、なんかいい加減うっとおしくなってきました。よくわかんないことだからうっとおしいんじゃないかなと思ったので、ちょっと調べてみました。

調べてみると面白いもので、雑学的な知識も増えたので、今回はこの話をしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グレーゾーン金利

過払金(かばらいきん)とは、文字通り払いすぎた金銭をいうが、特に、利息制限法の定める利率を超える高利の借入れをした借主が、法律上、借入金の返済は終わったのに返済を続けたため払いすぎた金銭をいう。

ここできになる言葉で、利息制限法の定める利率というものがあります。合わせて調べてみました。

金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約は、その利息が次の利率(単利。以下「制限利率」とする。)により計算した金額を超えるときは、その超過部分につき無効である(本法1条1項)。

  • 元本が100,000円未満の場合 年2割(20%)
  • 元本が100,000円以上1,000,000円未満の場合 年1割8分(18%)
  • 元本が1,000,000円以上の場合 年1割5分(15%)

普通はこの利息制限法以上の利率でお金を貸す事は法律上ダメなのですが、ある法律があるせいで、利息制限法よりも高い利率でお金を貸していたそうです。

それが出資法という法律です。

正式には 出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律 と言い、貸金業はこの法律によって規制されています。

ただ、この出資法で利率について29.2%を超えないと刑事罰に問わない(というか29.2%を超えないと刑事罰に問えない)となっており、この内容のせいで、貸金業者は29.2%を超えないように利率を設定してお金を貸していたそうです。これをグレーゾーン金利と言います。

グレーゾーン部分を訴訟して取り戻す

このグレーゾーン金利については最高裁で判例が昭和43年に出ており、その結果訴訟を起こすことによって取り戻すことができるそうです。

ただ、ここでポイントなのは訴訟を起こすという事です。訴訟外では過払金を返還されないこともあるみたいです。

なので、訴訟をするのですが、本人訴訟は手間がかかるので弁護士に頼むこととなります。こういった図式があるために弁護士は声高に過払金を請求して取り戻そうというわけです。

なんでやたらと弁護士が言うのか

ここで、気になるのはなんで今になってやたらと弁護士のCMが多いのか、やたらと過払い請求と言っている、と思っている方も多いと思います。

この過払金請求は最後の支払日から10年以内に行わないといけないとのことです。また、請求先がないと請求できません。

請求先については倒産しても、別の消費者金融会社が買収をしているケースもあるので、請求先がすぐなくなると言う事はあまりないかもしれませんが、 10年以内 というのは大事な点です。

おそらくではありますが、1990年の始めあたりでバブルがはじけて不景気になったのと、各消費者金融が自動契約機を導入してお金を借りやすくなった事で、お金を借りる人が増えたのではないでしょうか。

そうした消費者金融でお金を借りた人達が返済し終わってからそろそろ10年が経つタイミングが去年や今年なのではないかと思います。

色々と調べてみると弁護士の報酬も返還された金額の10%や15%と結構な額のように見えます。 弁護士にとってもかなり設けのある話なのでしょう。

またこうした手続きというのはある程度ルーチン化もできるのでしょうから、回数を重ねれば重ねるほど、手続きコストも上がり利益になるので、請求回数を増やすために過払金がある人を集めたいでしょうか、宣伝をかけるわけです。

こうして過払金請求に関するテレビやラジオCMが増えていくという図式が出来上がります。

じゃあなぜ過払金返還請求のCMが地方FMで多いの?

ここからは僕の見解100%です。推測が大半を占めます。

地方FMのリスナーというのは大きく分けると3つに分けることができるのではないかと思ってます。

  • トラック運転手、タクシー運転者
  • 受験生
  • 個人事業主、店舗

ここでのポイントは3つ目です。

不景気の時期に銀行から融資を受けることができなかった、個人事業主が消費者金融からお金を借りるというケースはとても多かったのではないかと思います。

そういった個人事業主や店舗経営者は割とFMが流れているケースが多いように思います。

そのためにFM局のCMで過払金請求に関するものが多くなると僕は推測しました。

最後に

この過払金請求に関する話というのは法律の穴をついたちょっと怖い話です。

僕たちを守るはずである法律が僕たちを陥れる事もあるんだなということを、今回調べたことで理解することができました。

法律は難しく理解する事は難しいですが、要点や概要はきっちりと押さえておいて損はないものだなと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました