セブンとロフトのコラボ蛍光ペンが連結?機能的魅力的な文具

セブンイレブンが、ロフトとコラボレーションをして、新しい文具のブランドを立ち上げました。題して「byLoft」とても個性的な商品があってとってもびっくりしたので、今回ご覧いただこうと思い記事にしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

飽くなきチャレンジャーのイメージがセブン

知りませんでした。セブンイレブンはなんでもしますね。アイデア力があるというか発想が柔軟というか。

僕もイメージはコンビニで文房具を買うのはどうしても夜勉強をしていて足りなくなったものを買うための場所というイメージですが、セブンイレブンのLoftの売り場は、積極的に文房具を買おうとする人のための売り場になっていました。byLoFtというブランド名らしいです。

シャーペンの芯やノート、付箋、接着剤まで売っているようですね。セブンイレブンのサイトを見ましたが、たくさんの商品があるわけではありませんが、ある程度の絞りを入れて商品が展開されています。カラビナ付きの2色ボールペンなんかも置いていました。これは、現場仕事の方などはいいかもしれませんね。

そこで僕が注目したのは、上の画像の赤字で囲ってる箇所です。

合体する蛍光ペン

それは合体する蛍光ペンです。蛍光ペンの根元と先がくっつく仕組みになってます。
http://www.sej.co.jp/i/item/420000750700.html?category=1015&page=1

一本のペンの長さは短く3本くらい合わせてると一本の蛍光ペンよりも少し長くなる程度です。この3本で1本とほぼ同等というのがミソなんじゃないかなと思います。

だいたい使用するペンは3種類かな

蛍光ペンって人の趣味によると思いますが、だいたい「黄色、緑、ピンク」ですよね。(たまに緑やピンクの代わりにオレンジって言う人もいますが。)

要するに3色でワンセットって言う人が多いと思います。

ただ、3色は使用しないといういう人もいるでしょう。したがって2色でも持ちにくくなく、3色だと長すぎない程度の長さに1色の長さを設定したんではないでしょうか。僕は勝手に想像しました。

今度買ってみようかな

今使っている蛍光ペンは会社から支給されているものです。確かに会社から支給されているものはただですし、使いたい放題ですので、それを使っていればいいのかもしれませんが、やはり自分で選んだ文房具というのは愛着がわきます。 そういった愛着の湧いた文房具を使うことでものの大切さを確かめていきたいと思います。

こんな人に使って欲しい

ちなみにこういったコンパクトで機能的な文房具というのは、ノマドワーカーの方やフリーアドレスで仕事をしている方にぜひ使ってもらいたいと思います。

理由はこうした方々は限られた荷物量、限られたスペースで仕事をされている方がほとんどだと思います。そうした限られたスペースを有効に使うためにこの機能的な蛍光ペンを使ってもらうというのはどうかと思うのです。

特にフリーアドレスは最近のビジネスパーソンの方々にはどうしても切っても切れない仕事の仕方だと思います。働き方改革の中で総務部門やトップ自らが指揮をとってデスクをなくす自分専用のスペースをなくすという取り組みをされていると思います。

そうした仕事の仕方をすると、どうしても持っていい紙の資料は〇〇ファイルメーター、引き出しはなしということになり、筆箱にいかに文具を入れるかが勝負になります。

この蛍光ペンならば蛍光ペン1本のサイズで3色くらい持つことができます。きっと役に立つと思いますよ。

実際にbyLoftの蛍光ペンを使用した結果を書いていますので、ぜひご覧ください。

セブンイレブンの蛍光ペン。ちょっと使いづらいですが収納の面では抜群です。
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました