LamyのSafariは使い勝手がいいというよりも書き手に箔がつくアイテムだと思う

スポンサーリンク
スポンサーリンク

低価格で優雅な気分にさせてもらえるLamyのSafari

万年筆をあまり使っていない僕がこの記事を書くということは、万年筆がいかに書きやすいか、筆記具として優れているかを書く野ではないという事はわかっていただけるのではないかなと思っていますが、まさかタイトルにもあるように箔がつくというしょーもない事のために万年筆を使用しているとは思っていないのではないでしょうか。

お恥ずかしい話ですが、今僕はほとんど文字を書くという事がありません。文字を書くよりもパソコンでキーボードをたたいている時間の方が圧倒的に多いです。仕事の環境も無線LANになり、ノートパソコンを常備持ちます。紙の資料をやり取りするのではなくてディスプレイを使って情報を共有します。そんな中では万年筆の役割というのはどんどんと僕の中では、「楽に文字を書くための道具」ではなくなってしまっているというのが現状です。

では、いったい何なのか。それは「ちょっと人間的にえらくなった、ゴージャスになった」とでも言った方が良いかもしれません。万年筆を使うくらい人間的に成熟をしたとでも言いましょうか。(というか万年筆を使用すると人間的に成熟したといえるのか、それは未知数です。まったく僕の勝手な言い分です。)

Lamyの話はこちらでも書いていますのでぜひ御覧ください。

Lamy Safariの万年筆を購入しました
...
早速LamyのSafariでインクのカートリッジを交換しました。簡単です。
...

もう少し具体的にかつ、詳しく万年筆の話をすると

書いた文字が綺麗に見えるし、優雅に見える

僕はもともとはそんなに字がへたくそなほうではないのですが、どうしても字を書く機会が減ってしまうと字がへたくそになっていってしまうように思います。手が字を書くためのものになっていないというか、ペンがなじまないというかそんな感じです。

でも万年筆で字を書くとなんか綺麗に字が書けるように思いますし、実際に書いてみるとうまく書けているように見えます。万年筆で書かれた字というのはボールペンや鉛筆、シャープペンシルで書いた字よりも線の強弱(太さや細さ)に変化が出やすいですし、毛筆の字のような感じになります。その字の雰囲気がうまく見えるのではないかと勝手に推測をしています。

プレミアム感

また万年筆で字を書いている姿というのはなんか味があるというか、万年筆を使っているだけでプレミア感がでるような気がします。これははっきり言って僕の偏見です。万年筆を使っている、イコールブルジョアでお金持ちで優雅な生活をして、ひげを生やし、ブランデーやスコッチをたしなみながら暖炉で猫を抱いている人というトンでも偏見を持っているせいかもしれません。だめだけですね。

字を書くこと、手紙を書くことの重要さを体験する

ちょっとだけまじめな話をすると、字を書くことというのはとても価値のあることではないかと思います。パソコンが反映しインターネットのおかげでメールというコミュニケーション手段が横行し人間はものすごいスピードで情報を伝えることができるようになりました。それはそれでとても大事なことだと思います。

一方で、スピードが上がったことで文字の一文字一文字の価値というのが下がってしまっているようにも思います。あんまりいい表現ができないのですが、一つの文章にかかる価値というか、その文章に含まれた意味というか。そういったものが減っているように思います。特にそれが悪いというわけではなくて、文字をうつスピードが速くなった分、人が書く文書の量も増えていますから、伝えたい情報の量はどんどんと上がっているように思いますし、それは良いことだと思います。でも、同じ時間で伝えることが増えた分、一つの文字、一つの文章の価値というか書ける時間が減った事による労力の減少が文字の重みを削っているのではないかなと思うんです。

だからこそ、手で書くという行為を大事にしないといけないと思うようになりました。今は7人の方々に手紙を書いています。それは過去にお世話になった方々です。2年近く仕事でお世話になった方々なのですが、あまりお別れの際にあまり時間をかけてお別れをすることができなかったので僕としてはとても後悔をしています。その方々に対して少しでも自分の思いを伝えたいということで、直筆で手紙を書くことを思いつき、今回LamyのSafariを使用しました。

ただ万年筆は書きやすく使いやすいことはたしか

こういったステータスで使用する見ないな感じで万年筆を使用しているだけはありません。具体的に書きやすい筆記用具としてもとても良いものだと思います。ただ、今の僕のスキルの問題なのか、万年筆の特性の問題なのかわかりませんが、小さい字が欠けないというか書きにくいです。手帳に書くための筆記用具ではないかもしれません。また文字を書くスピードもあまり早く書くことはできないように思います。

結果的に万年筆はどうなんだ

という風に、万年筆のいいところや不満に感じているところ、僕なりの万年筆のプレゼンスについて話をしてみましたが、総合的な評価は「いいね!」です。満足しています。

今後は価格の安い万年筆をもう少し使い続けていきたいと思っています。PILOTから「kakuno」という本当に低価格のものも出ていますので、こういった製品でもっと万年筆に触れてみたいなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました