子供達にも手伝ってもらいつつ、DIY。棚を作りますが、まだ下準備。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ディアウォールにしようする木材を調達し、ちょっとした加工をする

家の模様替えなどをする時に壁に釘やネジを打ち込んだりすることができなかったり、打ち込んだりするのが嫌な方はおそらくたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。Maryもこの手のタイプです。なので色々と調べていると最近は便利なものがあったりするんですね。ディアウォールって知ってますか。2×4の木材の両端に設置をして天井と床に柱を噛ませるという発想のものです。ちょっと考えたらありそうなアイテムなんでしょうが、今までなかったのか、画期的なアイテムとしてDIYをされる方に人気のようです。

うちもその評判にあやかって家の中の模様替えをするために、ディアウォールを購入し、2×4の柱を2,400mmのものを2本用意しました。今回はこの木材とディアウォールを使用して柱を作ろうと思います。

ただしその前に、下準備をしっかりと

今回2×4の木材を使用するにあたって、購入してそのまま使うのではなくてニスをきちんと塗ろうと思い、今回ニスを塗る行為を行いました。

IMG_0539.JPG

ただ、ニスを塗るためには一度木材にヤスリをかけてニスがつきやすくしないといけないので、ひたすらヤスリをかけます。今回は180番の布ヤスリとヤスリホルダーを使用しました。

このヤスリホルダーはとても便利です。本当はサンダーを購入したいと思っていたのですが、なかなか高いし、そんなに頻繁にヤスリをかけることもないので、できるだけ安い値段で大きな負荷をかけずにヤスリがけをしたいと思っていました。そこでのこのヤスリホルダー。とても便利です。今回は次女もそこそこ手伝ってもらいましたが、このヤスリホルダーで結構な戦力になってくれました。ありがとう次女よ。

そのあとはニス塗り。ワトコオイルが評判がいい

ニスを塗るにあたってどんな色がいいのかなんかを色々と調べてみましたがあんまりよくわかりません。ですのでインターネットで調べてみた結果、ワトコオイルがいいということで今回はそのワトコオイルを使用。

IMG_0541.JPG

油性のオイルということで、簡単に洗って落ちるものではないので、子供達には充分にそのことを伝えた上で手伝いをしてもらいました。

IMG_0544.JPG

長女もそこそこ頑張ってくれました。したことがなく、興味があって簡単そうなお手伝いは結構しっかりしてくれるのですが、これがもし常習化すると誰も手伝ってくれないのでしょう。

とりあえずニス塗りまでは完了

とりあえずニス塗りまではできました。あとは乾かして使用できるようにするのを待つのみです。来週には設置をすることができるでしょう。

ただこれ詳細の設計図はないんです

実は、今回どうやってこのディアウォールを活用するのかまで詳細は決まっていないんです。本当は設計図のようなものを作るのがいいのでしょうが、そういったことは全くといっていいほどしていません。何かMacでできることがあればいいんでしょうが、適したソフトはなさそうです。

手書きの図面を作成しようとしているのですが、こういった図面を作るのは苦手意識が強くて。でも簡単でも慣れていなくても図面を作らないとダメですね。今度はしっかり書こうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました