iPad Proが登場。Surfaceと違うの?でも違った

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本時間9月10日2時からの発表

Appleは、日本時間の9月10日2時から新製品の発表を行いました。イベント名「Apple Events – Special Event September 2015 – Apple」です。僕はその日はたまたま眠れなくて、実況中継を見ていたのですが、そこで出できたiPad Proに対して、「あれっ、Surfaceだろ、あれ。」と思った次第です。

ipadpro_keyboard.jpg

Appleファンからすれば「それは全く違うものだ!」と叱られそうですし、僕も生粋のAppleファンでかつMacファンですから、「Surfaceとは違うだろ」と思いますが、なんか感覚としてどうしてもSurfaceとおんなじように見えてしまうので。僕なりにiPadProについて知っている情報とSurfaceを使った感想などを踏まえて差別化をしてみようと思います。

結論「そもそも用途が違うんじゃない」

ipad_pro.JPG

ということでいきなり結論なのですが、この2つのデバイスは用途が違うと思います。Surfaceは言うならばビジネスモバイルデバイスです。一般的なビジネスパーソンが仕事をする上で最低限必要な機能を使用するためのデバイスだといえると思います。MS-OFFICE、メール、webブラウジング、それにおまけとして簡単な画像編集といったところでしょうか。

一方でiPadProというのは、アーティストサブデバイスと言った名称をつけてもいいのでしょうか。それを象徴するのがApplePencileです。これは明らかに画家や漫画家といったアーティスト向けのデバイスです。そういったものを使用するために作られたiPadProはアーティストにこそふさわしいデバイスだと思います。

じゃあなんでキーボード?

ということが疑問として残っちゃいますよね。僕もそうです。このキーボードがあるだけでSurfaceじゃんっていう批判を避ける事は決してできないと思います。Appleがどういった意図でキーボードをつけたのかというのは想像しがたいことではありますが、僕としてはこういったことじゃないかなと思っています。

画面がおっきいからノートパソコンでも使用できるし、キーボードがあるから便利じゃん。せっかくiPadProを作ったんだからいろんなユーザーに体験してもらいたいし、ビジネスユースとしても使用できるようにしようよ、と。

要は、iPadProはビジネスユースにも使ってもらえるようにキーボードをくっつけたというわけです。今までのiPadはビジネスとしてはまったくもって使用できないデバイスでした。そもそもMS-OFFICEが使用できないというのは最大の弱点でした。

でも今回のイベント内で、MSのスタッフが登場するという快挙がありましたよね。あれこそがiPadを本気でビジネスユースにするための施策だと思っています。要はAppleはくそ本気でMSを取り込みつつ、iPadでビジネスPC領域に踏み込んできたと捉えても良いのではないでしょうか。

ipadpro.jpg

ただ、ビジネスユース”にも”という表現をしたのが、あくまでもiPadProというのは、アーティスティックな活動をしている人たちに向けてのデバイスを提供しているメーカーであるということを伝えるためのデバイスだという意味で、”にも”という言葉をあえて使いました。それはなんかAppleのDNAの一つのようにも思えてしまうので(これは超推測中の推測です)

ということで結論は、「iPadProとSurfaceは似てて全く違う」

ここまで色々と書いてみましたが、結論としてはiPadProとSurfaceは違うものですね。とても似ているようにも見えますが、別物です。

という持論を展開してみましたが、みなさんはどういったお考えをお持ちでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました